公益社団法人宗像青年会議所

会員ログイン

総務広報委員会

総務広報委員会

基本方針

 先輩諸氏によって創始から脈々と受け継がれてきた情熱と、弛まぬ努力で積み上げられてきた功績を礎にJC運動を展開してきた宗像JCは、明るい豊かな社会の実現を目指し活動してきました。私たちは宗像JCがこれまで培ってきた強固な組織運営を継承していくと共に、会員が異なる職種と環境下で行う活動のなかで、個々の持つポテンシャルを最大限に発揮できるよう、時代に即した能率的で、合理的な組織運営を行う必要があります。
 まずは、宗像JCの重要事項を全会員で議決するために、明瞭で新入会員でもわかりやすい総会運営を行うことで、会員の意識統一を図ります。そして、宗像JCの魅力ある運動をわかりやすく伝えるために、宗像JCをより身近に感じてもらえる広報誌(四塚)を発行し、宗像JCの活動に対する市民の理解を深めます。さらに、地域の人々の郷土愛を育むために、出光佐三氏の功績を伝える絵本「出光佐三のふるさと~むなかたから世界へ~」を地域の様々なイベントで紹介し、地域の魅力を再認識していただきます。また、有事の際に相互協力して被災者支援を円滑に行うために、社会福祉協議会との協定内容を会員で把握し、宗像JCに求められる役割を理解していただきます。そして、地域の魅力を活かした自主的なまちづくりを行えるひとづくりのために、地域経済分析システム(RESAS)を活用した事業構築を行えるよう各委員会に提案し、より充実した事業の開催へと導きます。さらに、宗像JCの活動発信を広範囲に行うために、マスメディアと緊密な関係を築き、効果的な広報を行い、宗像JCの活動に対する市民の認知度を向上させます。
 受け継がれてきた地域の発展と市民意識の変革を目指す情熱を胸に、全会員が最大限に能力を発揮し日々活動を行う宗像JCは、行政や地域の人々からも必要とされ、地域の魅力を活かす手段と的確な判断力を持つ存在として、魅力ある宗像・福津地域を創造します。

事業計画

<事業計画>
  1.常務理事の補佐
  2.総会の運営(9月・1月)
  3.広報誌(四塚)の発行(12月)
  4.「出光佐三のふるさと~むなかたから世界へ~」の管理および活用
  5.社会福祉協議会との協定にもとづいた連携
  6.地域経済分析システム(RESAS)の活用
  7.防災・減災意識向上の推進
  8.有事における被災地および被災者支援のための活動
  9.ホームページの運用および活用
 10.SNSの運用および活用
 11.広報活動とマスメディアへのプレスリリース
 12.個人情報の収集と管理
 13.本会議所の庶務
    (名刺の構成、会員名簿の作成、会員台帳の整備、事務局の備品および書類の整理、議事録の管理など)
 14.運動および活動記録の収集と管理体制の確立
 15.Web会議の実施についての検討
 16.45周年記念誌の企画
 17.OTONANOSENAKA運動の実践
 18.会員拡大の実践
 19.出向者支援

宗像青年会議所フェイスブック2000クリックおしてね!

FACEBOOK

宗像三女神記公式ホームページはこちらへ
宗像・沖ノ島世界遺産市民の会公式ホームページはこちらへ