公益社団法人宗像青年会議所

会員ログイン

活動状況

2017年度11月認承証伝達記念例会 ~宗像JCの原点~



2017年11月14日(火)19:00より、2017年度11月認承証伝達記念例会 ~宗像JCの原点~ を玄海ロイヤルホテルにて開催いたしました。


宗像青年会議所は日本JCより正式に認承証を伝達されてから、今年で43年目を迎えました。43年目の現在宗像JCとはどういった経緯で結成されたのか、どのような活動をしてきたのか、現在までに至る歴史を知る宗像JC関係者が少なくなりつつあります。そこで、歴史の証人であるOBの先輩方と絆を深め、史実に基づいた認承証伝達の歴史を学び継承する機会となるよう例会を開催いたしました。


セレモニーも終わりいよいよ事業の部となりました。司会には認承証伝達記念例会プレゼンターを樋口 修平が担当しました。挨拶時「親父がいつもお世話になっております。」でつかみもうまくいき事業もスムーズに進みます。


事業のシナリオは
1. 宗像JCが今現在のすべての青年会議所のモデルケースとなっていた?
2. 宗像JC設立の歩み (宗像JC年表)
3. 出光佐三氏による本当の修練とは!?
4. 日本JC認承前に全国大会に参加していた!?
5. PVにて取材映像上映
鍋島國弘先輩(当時実行委員長)、片山弘毅先輩(当時総務委員長)、出光莞爾先輩(当時青少年開発委員長)
の順になり、山田 勝智先輩より当時のお話、現役へのお言葉をいただきました。


そしてそして、最後には現職副総理、麻生 太郎先輩が宗像JCのためにPV出演していただきました。出光 佐三さんとの思い出や日本青年会議所の会頭時代の宗像JCのことなど語っていただきました。

さて、懇親会はお隣の部屋に移りお越しいただいた先輩方と現役のメンバーが交流し、今一度宗像JCの歴史をしっかりと共有し、今後の活動に生かせる懇親の場となりました。


最後に、取材に協力していただいた創立時を知る先輩方と、動員にご協力をいただいた安永代表世話人をはじめとするシニアクラブの皆様には心から感謝申し上げます。先輩から現役、そして新入会員へと想いを継承する貴重な機会となりました。この事業でより一層深まった宗像JCの絆を原動力にして、今後の活動にも邁進してまいります。ありがとうございました。

第48回衆議院議員総選挙福岡県第4区公開討論会



第48回衆議院議員総選挙にともない、2017年10月7日河東地区コミュニティ・センター(河東コミセン) 多目的ホールにて、立候補予定者、新留 清隆 氏、宮内 秀樹 氏両名をお招きし、第48回衆議院議員総選挙福岡県第4区公開討論会を開きました。

SNS全盛の現在多種多様なメディアにより自らが考えた選択において投票をすることは難しいことではないでしょうか。そこで、公開討論会を実施することで立候補予定者のリアルな政策を知り、様々な情報に流されることなく、政策本位の投票を行っていただけることを目的とし本討論会を開催いたしました。


選挙まで短い時間の中たくさんの方にお集まり感謝申し上げます。


2017年度10月例会 発見!発信!宗像グルメ 〜むなかた煮付けそうめんPR隊〜



2017年10月22日(日)10月例会 発見!発信!宗像グルメ ~むなかた煮付けそうめんPR隊~が執り行われました。

海の幸・山の幸に恵まれ九州上位の売り上げを誇る道の駅むなかたはあるが、宗像の伝統食の認知度はいまひとつ低いと言えます。
平成29年7月9日、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群が世界文化遺産に登録決定し宗像への関心が高まる今、市外からの来訪客が多いプリンセス駅伝in宗像・福津に合わせて、宗像大社敷地内で、伝統食「むなかた煮付けそうめん」の認知度を高めることを目的に観客や大会関係者に無料にて実食(1,000食分)していただきました。

事業前事務局にて例会が執り行われました。


先日理事会にて仮入会が承認されました、澄友君から仮入会の熱い抱負を述べました。


事業の部は場所を変え宗像大社入り口に特設会場を作り、宗像大社沖ノ島現地大祭ふるまい飯「煮付けそうめん」をふるまいました。当日まで1000食は間食するのか、不安でわありましたが、ふたを開ければ天候も大会時には雨もやみ、1000食完売しました。また、食べ終わった食器類の回収場所には聞き取りアンケートを行い多くの良い意見をいただきました。


進藤委員長の女性ならではの視点を大切にした素晴らしい事業となりました。また外部協力いただきました、「さち丸」「海彦」「一栄」様感謝いたします。



2017年度中間総会



2017年度中間総会が、9月7日(木)宗像青年会議所事務局 大会議室にて開催しました。


本会議所の総会とは年2回1月および9月に開催され、宗像青年会議所の活動に関する重要事項を決議する最高決定機関となっております。

今回の中間総会は2017年度7月末までの活動を検証し、成果および課題を再確認することで、本年度後半に向けて会員の意思統一を図ることを目的としております。

総会資料は全メンバーに事前にデータ配信を行い、総会当日にはPC・タブレット持参してのペーパーレスとなっております。

本中間総会司会は今後の宗像青年会議所で活躍が期待される樋口 修平君、入会してすぐの大役を任されました。


19:30より点鐘・岩城議長による開会宣言より2017年度中間総会が始まりました。
中野委員長によるJCIクリード唱和、進藤委員長によるJCIミッション並びにJCIビジョン唱和、山下委員長によるJC宣言文朗読並びに綱領唱和と進み、議長・委員長の表情から中間総会への意気込みが伺えます。


オブザーバーとして的場先輩、今先輩にお越しいただきました。ご多忙の中のご参加大変感謝いたします。


理事長のあいさつでは、先日完成したWEB絵本「出光佐三のふるさと」でも取り上げさせていただいた、出光佐三翁の生涯を限られた時間ではありましたが、詳しくお話していただきました。

さて、うれしい報告3連発です。9月より出光 良彰君が仮入会しました。登壇でのスピーチはさすが弁護士さん!


新入会員として高身長イケメン嶺 匡裕君が志高く入会しました!


うれしい報告ファイナル、稲垣 智浩君からの結婚の報告!


報告事項から褒章授与式へとつづきます。BEST FOLLOWUP JAYCEEには山下委員長が、拡大キングには小林 拓成君が輝きました!


中間総会本番では定款の規定により花田理事長が議長に選出され、出向者・議会・委員会・監査等2017年度の事業報告されました。


中間総会では2018年度役員予定者が承認され、秋貞監事・永島外部監事による監事総評へ進み、田中委員長による閉会宣言をもって中間総会が閉会となりました。
2017年度も残り僅かとなりましたが、宗像青年会議所はどんな状況でも勝ちを見出しまだまだ前進してまいります。




市民参加型ミュージカル「むなかた三女神記」本公演



宗像・沖ノ島世界遺産市民の会主催、演劇集団フリーダム指導・監修のもと、
2017年9月3日(日)に宗像ユリックス イベントホールにて
市民参加型ミュージカル「むなかた三女神記~その昔、ここは神の里と呼ばれていた~」本公演が執り行われました。


2009年より「宗像・沖ノ島世界遺産市民の会」主催にて世界遺産登録推進事業として、
「むなかた三女神記」も今年で9回目をむかえることができ
『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群が無事世界遺産登録決定いたしました。


本年の公演には林 直樹君、伊達 正臣君、中山 勇志君が出演しました。
林君は1週間前から気合と緊張していました。


谷井市長より感謝状をいただき、OG・OBの歴代出演者も登場し、感動的な雰囲気のなか、大盛況のにうちに幕を下ろすことができました。
お越しいただきましたお客様にも感謝いたします。


2009年立ち上げから宗像青年会議所卒業後も、
「むなかた三女神記」を導いてくれた堀先輩。
午後最後の講演を一番後ろで見守る姿がぐっとくるものがありました。
堀先輩お疲れ様でした。

宗像青年会議所イイね2000クリックおしてね!

FACEBOOK

宗像三女神記公式ホームページはこちらへ
宗像・沖ノ島世界遺産市民の会公式ホームページはこちらへ