公益社団法人宗像青年会議所

会員ログイン

活動状況

8月会員交流例会 例会だよ全員集合!!~アモーレと共に~ 



8月10日(木)こうみょうの丘保育園にて、8月例会だヨ!全員集合〜アモーレと共に〜を開催しました。


本年度は事業が多くメンバーのご家族へ負担をかけていることに憂慮した、花田理事長のご家族へ感謝の気持ちを伝えたいとの気持ちのもと、今例会は正副理事メンバープレゼンツで様々なセクションを担当し、美味しい食事やお子様が遊べるブース、レクリエーションなどメンバーとその家族が思いっきり楽しめる例会となりました。

18:30~19:00厳粛なセレモニーから例会がスタートし、家族の皆様にもJC活動の一端を見ていただきました。本例会は正副メンバープレゼンツですので、「JCIクリード唱和」から「JC宣言文朗読並びに綱領唱和」まで、正副メンバーで行われました。


新入会員認承証伝達式が行われました。写真上から樋口 修平君、秀島 省吾君宗像地域のためにこれからも一緒に頑張りましょう。


次年度理事選挙の結果発表が行われました。


例会の後は事業の部です。乾杯の後いよいよレクリエーションスタート!正副メンバーがその場で調理してくれた料理おいしかったです。


委員会別に席を囲みしばし歓談の後「レクリエーション」開始です!ご家族を含めた制服・会議・委員会ごとに6チームに分かれ、「玉入れ」「綱引き」を行い、勝ったチームにはお菓子詰め合わせで、負けたチームには罰ゲームとして、地獄のセンブリ茶を飲まなければなりません。


流しそうめんも登場!貴重な体験です。


子供さんたちにも楽しんでもらえるよう遊び場ブースも大活躍


夏といえばやっぱり花火ですね。


メンバーや家族が楽しみながら食事やレクリエーションを通じた交流をおこない、PVでメンバーが普段どのような活動を行っているのかを紹介しました。


最後に家族にメッセージカードで家族への感謝の気持ちを伝えることで、さらなるメンバー間の絆とご家族からの理解を深めていただきました。例会担当正副メンバーお疲れ様でした。

楽しく学ぼう!むなかた~enjoy summer camp 2017~



2017年8月公開事業「楽しく学ぼう!むなかた~enjoy summer camp 2017~」が開催されました。

ご参加いただいた子供たちには研修や自然体験活動を通じた団体行動で仲間との友情を育み、お互いを尊重する心や感謝する心を醸成していただくとともに、宗像地域への関心をより高め郷土愛を育むことを目的に開催いたしました。

数日前から台風5号の影響で開催も危ぶまれる状況でしたが、当日天候にも恵まれ無事大島へ出発しました。


到着後先日世界遺産登録された今話題の宗像大社中津宮へ参拝。その後宿泊施設へ戻った後宗像地域の歴史や文化について学んでもらいました。日頃なかなか大島へ足を運ぶ機会はない沖津宮にふれ、宗像三女神からなる歴史を学んでより郷土愛をはぐくんでいただきました。


ちょっとむずかしい歴史の勉強のあとお楽しみお弁当を食べました!


お食事のあとは三女神記 大島公演の観覧です。9月3日に行われます本番講演のショートバージョンではありますが、やっぱり生の講演は迫力があります!
※9月3日本番チケットはWEB予約できます。下記から詳細をお読みになり必要事項をお書きの上ご予約下さい。
お申込はこちら


三女神記公演を観覧後は、宗像大社沖津宮揺拝所へ行き景色のよい風車展望台巡りをしました。残念ながら沖ノ島を見ることはできなかったんですが、風も気持ちよく砲台跡は少しジブリ感があって男の子たちも喜んでくれました。


16時からはお楽しみのペットボトルロケット作成しました!みんなそれぞれいろんな形になりました!実際にペットボトルを発射し打ち上げ成功!



三女神記メンバーとの交流タイム、演劇の講演についてなど子供目線でいろいろ質問しました!


の後18時からは一番のメインイベント「バーベキュー」メンバーには本職の料理人もいますので、お店で食べれる料理を子供たちに存分に楽しんでもらいました。


まだまだみんな元気いっぱいですが、入浴後22時半には就寝となりました。


2日目は6:30起床の後、洗面と後かたずけをしました。


7:20から朝の集いの後夏合宿といえばのラジオ体操をし、朝食となりました。


8:30からは研修です。大人たちは少しお疲れモードですが、さすがの子供たちはまだまだ元気いっぱいにお話を聞いていました。


▼宗像青年会議所随一の高学歴、赤ポロシャツもどことなく知的さを感じる大宇根君の講義は分かり易かったです!




台風接近もあり子供たちの安全を考えお昼には神湊へ帰えることとなりました。大切なお子さんたちを参加させていただいた親御様、この場を借りてお礼申し上げます。また子供たちの一生の思い出になるよう担当委員会・議会メンバーが一生懸命頑張ってくれました。すてきなキャンプを企画運営したメンバーを誇らしく思います。お疲れ様でした。







2017年度7月例会 和の心~道義を重んじ、高める志~



和の心を学んでもらうと共に、今後のJC活動に対するさらなる意識の醸成を目的とする、
「7月例会 和の心~道義を重んじ、高める志~」が、2017年7月6日(木)19:30~21:30に
公益社団法人宗像青年会議所 大会議室にて開催されました。

今回の例会行事は会員開発委員会が担当で「和の心~道義を重んじ、高める志~」と題し、理事長の掲げる和の心を理解していただき、高い志を学ぶ例会として、高い意識のもとJC活動に邁進し、宗像JCが地域に必要とされる団体である目的に行なわれました。


例会序盤は事前に作成したVTRを視聴し、なぜ、この時期に再度理事長所信に触れる事業をするのかに触れ、ユーモアも取り入れたVTRで、和の心についての理解を深めました。


また、本例会は次年度体制を決める理事長・監事選出委員選挙を行う大切な例会でもあり、メンバー全員が主体性をもち自らの投票権を行使しました。


秋貞監事総評のあと例会閉会となりました。


本例会後の懇親会は引き続き、公益社団法人宗像青年会議所 大会議室にて行われ例会担当「会員開発委員会」メンバーもほっとした笑顔が印象的でした。会員開発委員会メンバーの皆さんお疲れ様でした。

2017年6月公開例会、みんなで描こう!宗像地域の未来 わくわくバスツアーin munakata



日時:平成29年6月18日(日)
会場:ゆうゆうぷらざ

平成29年6月18日(日)みんなで描こう!宗像地域の未来6月公開例会が開かれました。
現在、宗像地域では「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の世界遺産登録の機運が高まっており、地域を取り巻く環境が大きく変化しています。
そこで宗像地域をよりよくするため、それぞれの立場で、地域に滞在する特有の魅力を生かした未来の宗像地域を考えることのできる事業「わくわくバスツアーin munakata」を開催いたしました。
セレモニーの部が11:30~12:00執り行われました。


宗像青年会議所にまた新たな仲間が加わりました。
新入会員 於保 諒馬君


また、嶺 匡裕君、秀島 省吾君、佐藤 雄基君、が新たに仮入会していただき今後の意気込みをいただきました。みんなが通る道ですが、初めて登壇してのスピーチは緊張します。見ている方まで緊張してしまします。



事業の部「わくわくバスツアー」では「新原・奴山古墳群」「北斗の水くみ公園」「鐘崎漁港」「宗像大社」と宗像を代表する場所を回り、最後には参加者のみなさんの手形をみあれ祭用の大漁旗に装飾してもらいました。


宗像大社では神職から大社を案内してもらうという貴重な体験を経験をいただきました。


バスツアー終了しゆうゆうぷらざに戻り大漁旗を完成をもって、事業の終了となりました。







第14期宗像少年会議所開校式



日時:平成29年5月21日(日)
会場:宗像JC 事務局

平成29年5月21日(日)第14期宗像少年会議所開校式が行われました。
宗像JCが青年育成事業の一環として次世代リーダー育成を目的に、2004年に設立した宗像少年会議所も本年で14年目を迎えます。これまで様々な事業を展開してきた宗像少年会議所の歴史に学び、さらに発展した青年育成事業を展開するため新たな仲間を作るとともに地域の魅力を再発見していただきます。


事業の部では大宇根君の事業説明から今季宗像青年会議所のスローガン「道義」についての説明の後、人は正しい行いをするにはどんな心や思いを持つことが大切なのか少年会議所メンバーに考えていただきました。


少年会議所メンバーが今期の目標として自分に必要なもの、心掛けたいと思うものをそれぞれに発表していただきました。


最後に青少年育成委員会 山下委員長より挨拶をもって事業の終了となりました。懇親会では中村顧問特性カレーライスをみんなで食べ少年会議所メンバーと親睦を深めました。最後に大切な子供さんを、第14期宗像少年会議所へ送り出していただいたご家族の方々に感謝いたします。微力ながら宗像青年会議所メンバーも子供たちの成長協力させていただきます。










宗像青年会議所イイね2000クリックおしてね!

FACEBOOK

宗像三女神記公式ホームページはこちらへ
宗像・沖ノ島世界遺産市民の会公式ホームページはこちらへ