公益社団法人宗像青年会議所

会員ログイン

活動状況

むなかたキッズSUMMER CAMP 2018



8月5日(日)、6日(月)に「むなかたキッズSUMMER CAMP 2018」を福岡県立少年自然の家「玄海の家」にて開催しました。この事業は宗像・福津地域の小学生(4年~6年)を対象に、仲間との友情を育み、宗像地域の魅力や楽しさに気づいてもらうと共に、子どもたちの郷土愛を深めることを目的に開催しました。


まずは、玄海の家で入所式を行い、ここから1泊2日の「むなかたキッズSUMMER CAMP」のスタートです。入所式後には玄海の家の前に広がる砂浜で地引網体験を行いました!色んな種類の魚が取れ、子どもたちも興味津々の様子でした。


地引網体験の後は、楽しい食事の時間です!夕食のご飯は子供たちと玄海の家の指導員で飯盒炊飯を行いました。班ごとに蒔き割り担当、米研ぎ担当に分かれ、力を合わせてご飯を炊きました。メンバーは子どもたちの食べるBBQの準備で大忙しです!


夕食後は地域学習と題し、宗像地域のことをクイズ形式で楽しく勉強しました。最後には正解数に応じてお菓子のプレゼントがありました。その後に正面玄関前に移動し、みんなで花火をして大いに盛り上がりました。楽しかったキャンプ1日目もあっという間に時間は過ぎ、入浴、ベッドメイキング、就寝の時間となりました。


気持ちの良い朝を迎え、キャンプ2日目は朝の集いから始まりみんなでラジオ体操をしました!朝食後は退所式を行い、2日間お世話になった福岡県立少年自然の家「玄海の家」の職員の方へみんなで御礼を言いました。その後、「宗像の歴史や文化に触れるバスツアー」へ出発しました!


バスツアー1箇所目は東郷神社の見学です!日露戦争で活躍し、世界三大提督の一人と言われている東郷平八郎元帥海軍大将を祭神としています。宝物館内には日露戦争で活躍した戦艦「三笠」の模型や傷痍軍人に贈られた杖や勲章などの展示に子供たちは興味津々で見学しました。


バスツアー2箇所目は宮地嶽神社の見学です!御創建は約1700年前で、全国に鎮座する宮地嶽神社の総本宮です。三つの日本一と称される「大住連縄・大太鼓・大鈴」があります。神社のシンボルである大住連縄が掛けられている御本殿で参拝した後、3番社の不動神社や5番社の恋の宮へ見学しました!


バスツアー3箇所目は、昨年7月に世界文化遺産登録された「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群でおなじみの宗像大社を見学しました!全国に6200社ある宗像三女神を祀る神社の総本社です。「宗像三女神降臨の地」として伝わる高宮祭場は、間近で直接見ることができる全国でも数少ない古代祭場の一つです!


2日間の締めくくりに解散式を行いました。今回のキャンプでは、2日間を通して感謝の気持ちと郷土愛の気持ちを深めることの大切さ、友情を育み互いに助け合うことの大切さを学びました。多くの子供たちから「また来たい!」「楽しかった!」という大変嬉しい言葉をもらいました。参加者の皆様、本当にお疲れ様でした!また、本事業にご協力を賜りました関係者の皆様、心より感謝申し上げます。

サマーコンファレンス横浜2018に参加しました。



サマーコンファレンス横浜2018に参加しました。
まず、7月20日(金)に公益社団法人日本青年会議所九州地区協議会2018年度第2回会員会議所が、横浜の地で開催されました。その中で、2019年度九州地区担当常任理事候補者として、中島土君(大分JC)が承認されました。


続いて、7月21日(土)に、パシフィコ横浜 国立大ホールにて開催されたサマーコンファレンス2018「地方創生フォーラム」に参加しました。今年のサマーコンファレンス横浜は「日本創生への奇跡」と題して、全国の会員が、自らの営みを成長させ、人財を育成し、まちから国、そして世界を良くする行動を起こすことができる人財となるために、地方創生に関する知識や仕組みを学び、体験し、つながりを広げる機会を提供する場として開催されました。

「地域創生フォーラム」では、筑波大学 学長補佐 落合陽一氏と日本青年会議所 鎌田副会頭の対談が行われました。世界でも例のない人口減少、少子高齢化社会を迎えている日本において現状と将来像を見据え、日本青年会議所の政策を示すと共に、落合氏からはテクノロジーの観点から日本の将来像を語っていただきました。
JCへの期待することとして、新しい技術やテクノロジーをまずは、受け入れて導入してみて欲しい。また、確信的な考えを持つ若手を伸ばして欲しいとの言葉をいただきました。


また、懇親会では、横浜JCシニアの齋藤真史先輩と一緒に行い貴重な話を聞くことができました。宗像JCにとって非常に学びの多い2日間となりました。

西日本豪雨災害募金活動



西日本豪雨災害により,甚大な被害を受けられた皆さまに対して、心よりお見舞い申し上げます。
7月17日の夕方、福間駅・東郷駅・赤間駅にて、西日本豪雨災害支援の募金活動を行いました。


各駅をご利用されている皆様におかれましては、募金活動にご協力くださり誠にありがとうございました。3駅の募金合計は 103,076円でした。被災地の支援活動及び支援物資の資金として宗像青年会議所が責任をもって適正に使わせていただきます。皆様のご協力に感謝申し上げます。

2018年度7月例会



7月9日(月)に公益社団法人宗像青年会議所2018年度7月会員交流例会~チームワークで勝利をひきつけよう~をゆうゆうプラザ体育館にて開催しました。


今年は会員同士の交流を深めるための例会ということで、、メンバーをくじで4チームに分けてポートボールを行いました。ポートボールは基本的なルールはバスケットボールと同じですが、リングに入れる代わりに人がキャッチすれば得点となります。日頃は運動不足のメンバーが多いですが、白熱した試合が繰り広げられ、大いに盛り上がりました。


また、当日は理事長、監事選出委員選挙も行われました。伊規須理事長を委員長として、選出された6名によって次年度の理事長、監事を選出し、次年度への動きがスタートします。


最後に嬉しいご報告として、福田 剛君が正入会されました。さらに正野 好美氏、柳田 公貴氏、石松 健太郎氏が仮入会されました。3ヵ月の仮入会期間を通して宗像JCの活動に参加していただき、ぜひ正会員になっていただきたいと思います。

むなかた三女神記スタートアップ練習会を開催いたしました。



7月1日(日)に、メイトム宗像 健診室におきまして、むなかた三女神記スタートアップ練習会を開催いたしました。


「むなかた三女神記」は2009年の初演以来、毎年好評をいただき今年で10回目の公演を12月9日(日)に開催予定となっています。
今年のスタートアップ練習会には30名を越える参加者にお越しいただき、誠にありがとうございました。出演者の皆様には、このミュージカルを通して「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の魅力に触れ、その素晴らしさを感じていただくと共に、この活動を通じて、地域の世界遺産保全の機運を高めるために活躍していただきたいと考えております。宗像地域の大切な伝統・文化を後世に引き継いでいくために、多くの市民の皆様のご参加をお待ちしております。


まだまだ参加者も募集していますので、興味のある方は宗像青年会議所事務局までご問い合わせ下さい。

宗像青年会議所イイね2000クリックおしてね!

FACEBOOK

宗像三女神記公式ホームページはこちらへ
宗像・沖ノ島世界遺産市民の会公式ホームページはこちらへ