公益社団法人宗像青年会議所

会員ログイン

市民意識変革委員会

市民意識変革委員会

基本方針

 宗像JCは出光佐三氏から受け取った宗像地域の将来への想いと郷土に対する底知れぬ情熱を胸に抱き、明るい豊かな社会を築くべく活動を始め53年目となります。今日の日本には選挙投票率の向上や、施行後70年間変わっていない日本国憲法の改正問題、地方創生といった取り組むべきテーマがあり、地域発展をめざす我々の活動を通じて市民意識を変革し、市民と私たちとが一体となり日本の未来を描き、共に歩み出す必要があります。
 まずは、市政に対する市民の主権者意識をより高めるために、福津市長選挙においてマニフェストスイッチを利用したわかりやすい公開討論会を開催し、自分たちが住む地域の未来に対する市民の関心を高めます。そして、国家の在り方を示す憲法の重要性をより理解するために、憲法を学べる公開例会を開催し、憲法に対する当事者意識を醸成します。さらに、地域の活性化に寄与するために、宗像地域の魅力を発信する公開例会を開催し、市民と共に地元の伝統的食文化に親しみます。また、市民とのかかわり合いを一段と強めるために、地域事業への参加を推進することで、地域にますます愛される団体になります。そして、安全・安心で住みよい街にするために、青色防犯パトロール活動を継続することで、犯罪抑止と防犯意識向上に寄与します。さらに、いち早い被災地復興の一助となるために、被災地および被災者支援活動を引き続き行い、被災地により求められる支援をめざします。また、大人として当たり前の振る舞いを自然に行い子どもたちの手本となるために、OTONANOSENAKA運動を推進し、LOMメンバーの資質向上を図ります。
 意識を変革された市民と我々JAYCEEとが一体となって明るい豊かな社会の実現に向けた継続的な運動が地域の中へと広がり、市民の活動とJCの活動が歩みを揃えて前に進み、個人の自立性と社会の公共性が生き生きと協和する道義ある宗像地域を創造します。

事業計画

<事業計画>
 1.マニフェストスイッチを利用した福津市長公開討論会の開催(1月)
 2.憲法を学べる公開例会の開催(5月)
 3.宗像地域の魅力を発信する公開例会(10月)
 4.宗像地域の魅力を発掘する活動
 5.対外事業(地域関係)への参加推進および活動
 6.青色防犯パトロール活動(通年)
 7.社会福祉協議会と連携した防災活動(通年)
 8.有事における被災地および被災者支援
 9.OTONANOSENAKA運動の推進および実践
10.会員拡大の実践
11.出向者支援
12.SNSなどを利用したJC運動の発信 

宗像青年会議所フェイスブック2000クリックおしてね!

FACEBOOK

宗像三女神記公式ホームページはこちらへ
宗像・沖ノ島世界遺産市民の会公式ホームページはこちらへ