公益社団法人宗像青年会議所

会員ログイン

6月例会

2018年度 6月公開型例会 「宗像地域未来会議」

6月5日(火)に公益社団法人宗像青年会議所2018年度 6月公開型例会「宗像地域未来会議」を福津市のふくとぴあ健康プラザにて開催いたしました。
本事業は宗像JCが魅力ある宗像地域の実現するために、地域の課題を分析し解決に向けて行動する力や意欲を向上させることを目的としています。


今回の講師には福岡県の出身であり、総務省地域力創造アドバイザーとして各地方で活躍されている林田 暢明氏に来ていただきました。

第1部の講義では、講師作成のパワーポイントを使いつつ、世界と比較し日本の町の中心とはどこなのか、また、コミュニティの在り方の変遷といった話をお聞きしました。その後に昨年と今年と行われました福津市・宗像市市長選挙公開討論会で得たデータを参考にし、現状の課題について「エゴ」なのか「パーソナル」なのかといった新たな視点からのアプローチもあり大変勉強になりました。


また、第2部のワークショップではパリや京都の旅行者数の統計データからイメージではなく、実際の数字の分析結果を知ったうえで、宗像地域における課題解決に向けて今後行っていくべき行動を班ごとに話し合い、ワークシートに記入しました。時間の関係上各班からの発表は講師からまとめてとなりましたが、多くの意見が出て充実した時間となりました。


最後になりますが、講師の林田暢明氏にはご多忙の中、懇親会までご参加いただきました。懇親会におきましても貴重なお話をたくさんお聞きすることができ、宗像JCメンバーにとって充実した時間となりました。誠にありがとうございました。






2017年6月公開例会、みんなで描こう!宗像地域の未来 わくわくバスツアーin munakata

日時:平成29年6月18日(日)
会場:ゆうゆうぷらざ

平成29年6月18日(日)みんなで描こう!宗像地域の未来6月公開例会が開かれました。
現在、宗像地域では「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の世界遺産登録の機運が高まっており、地域を取り巻く環境が大きく変化しています。
そこで宗像地域をよりよくするため、それぞれの立場で、地域に滞在する特有の魅力を生かした未来の宗像地域を考えることのできる事業「わくわくバスツアーin munakata」を開催いたしました。
セレモニーの部が11:30~12:00執り行われました。


宗像青年会議所にまた新たな仲間が加わりました。
新入会員 於保 諒馬君


また、嶺 匡裕君、秀島 省吾君、佐藤 雄基君、が新たに仮入会していただき今後の意気込みをいただきました。みんなが通る道ですが、初めて登壇してのスピーチは緊張します。見ている方まで緊張してしまします。



事業の部「わくわくバスツアー」では「新原・奴山古墳群」「北斗の水くみ公園」「鐘崎漁港」「宗像大社」と宗像を代表する場所を回り、最後には参加者のみなさんの手形をみあれ祭用の大漁旗に装飾してもらいました。


宗像大社では神職から大社を案内してもらうという貴重な体験を経験をいただきました。


バスツアー終了しゆうゆうぷらざに戻り大漁旗を完成をもって、事業の終了となりました。







宗像青年会議所イイね2000クリックおしてね!

FACEBOOK

宗像三女神記公式ホームページはこちらへ
宗像・沖ノ島世界遺産市民の会公式ホームページはこちらへ