公益社団法人宗像青年会議所

2016年度以前の活動

公益社団法人日本青年会議所会頭訪問

八女市にていわ井にて開催されました、公益社団法人 日本青年会議所 2013年度福岡ブロック 理事長座談会、会員拡大セミナー、会頭講演、名刺交換会・懇親会に参加させて頂きました。

733779_502553586470269_1918264238_n.jpg

理事長座談会にて、小畑会頭と福岡ブロックの各LOMの理事長との名刺交換の後、様々な意見交換がされました。

IMG_6640.JPG

会員拡大セミナーでは拡大委員会杉浦卓委員長の熱い講演から始まりました。
「拡大の組織構築・手法・拡大成功事例・ツールについて」「拡大会議・入会説明会の実践手法について」「拡大リスト作成手法について」の3つの拡大マルシェにてそれぞれの問題にあったセミナーが開催されました。

IMG_6691.JPG

会頭講演では、「JCの魅力と運動への意識高揚について」講演が行われ、自らのLOMの話をされながら、青年会議所へ入会することの意味、いかに会員の意識を高揚させて青年会議所運動を続けていくかについて熱く話されました。

IMG_6709.JPG

名刺交換会・懇親会での会頭と宗像青年会議所メンバーとの写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「3月公開型例会」自主防災に生かす避難所運営ワークショップ~地域防災力パワーアップ~

 公益社団法人宗像青年会議所の「3月公開型例会」自主防災に生かす避難所運営ワークショップ~地域防災力パワーアップ~を、3月7日に開催いたしました。当日の事業では講師として、福岡県支部事務局長 黒田清利氏をはじめとする日本防災士会の皆さまにお越しいただき、市民の方々をお招きして、当会議所メンバーと共にHUGプログラムを行いました。IMGP2017.JPG

※HUGとは、H(hinanzyo避難所)、U(unei運営)、G(gameゲーム)の頭文字を取ったもので、英語で「抱きしめる」という意味です。避難者を優しく受け入れる避難所のイメージと重ね合わせて名付けられたそうです。 IMGP2021.JPG

 テーブルには、宗像市や福津市の各地域の拡大地図を広げ、参加者は4~5名ごとの班に分かれます。実際に地震や津波などの災害が起きた際、次から次へと課題が押し寄せる避難所での活動を疑似体験します。

 

IMGP2025.JPG

 このゲームは、災害発生時に要援護者への配慮をしながら、生活空間の確保・プライバシーの確保・対応本部の設置・物資の分配・炊き出し場所の設置・仮設トイレの設置・視察・メディア取材といった出来事に対して、思いのまま意見を出し合ったり、話し合ったりしながら避難所運営を学ぶことが出来ます。

 開催中は、参加者全員がリーダーシップを発揮した活発な意見が飛び交う白熱した時間になり、この経験は、いざという時に必ず役に立つものだと感じていただけました。また、東日本大震災より2年を迎える今月、今一度災害に対して考えるきっかけとなったと思います。

 

 公益社団法人宗像青年会議所では、今後も防災・防犯に関する事業を行ってまいりますので、皆さまのご参加をお待ちいたしておりますこの度は、ご参加いただきました市民の皆さま、そして日本防災士会福岡県支部の皆さま、誠にありがとうございました。

宗像青年会議所イイね2000クリックおしてね!

FACEBOOK

宗像三女神記公式ホームページはこちらへ
宗像・沖ノ島世界遺産市民の会公式ホームページはこちらへ