公益社団法人宗像青年会議所

会員ログイン

出欠

2018年度福岡ブロック大会

6月10日(日)に第46回福岡ブロック大会筑後大会に参加いたしました。今年は大会テーマ「リンク」のもと「みんなで行こうよ!恋・来い筑後!」をスローガンに筑後の地で開催されました。


大会式典はソフトバンクホークスの2軍の練習場であるタマホームスタジアム筑後にて開催され、式典中に少量の降雨はありましたが、無事に最後まで行うことができました。今年は21LOMの理事長が始球式を行い登壇するなど、開催地の特色を生かした式典となりました。またファンクションでは、九州文芸館で開催された 連携が生み出す地域力~矢部川くすべぇミュージカル~、防災シンポジウム~備えあれば患いなし~に参加し、防災について学ぶいい機会となりました。


大懇親会ではエリア対抗のカラオケ大会もあり、大変盛り上がりました。準備をしていただいた、九州地区福岡ブロック協議会の皆様、また主管LOMであります一般社団法人筑後青年会議所の皆様、ありがとうございました。

2018年度 6月公開型例会 「宗像地域未来会議」

6月5日(火)に公益社団法人宗像青年会議所2018年度 6月公開型例会「宗像地域未来会議」を福津市のふくとぴあ健康プラザにて開催いたしました。
本事業は宗像JCが魅力ある宗像地域の実現するために、地域の課題を分析し解決に向けて行動する力や意欲を向上させることを目的としています。


今回の講師には福岡県の出身であり、総務省地域力創造アドバイザーとして各地方で活躍されている林田 暢明氏に来ていただきました。

第1部の講義では、講師作成のパワーポイントを使いつつ、世界と比較し日本の町の中心とはどこなのか、また、コミュニティの在り方の変遷といった話をお聞きしました。その後に昨年と今年と行われました福津市・宗像市市長選挙公開討論会で得たデータを参考にし、現状の課題について「エゴ」なのか「パーソナル」なのかといった新たな視点からのアプローチもあり大変勉強になりました。


また、第2部のワークショップではパリや京都の旅行者数の統計データからイメージではなく、実際の数字の分析結果を知ったうえで、宗像地域における課題解決に向けて今後行っていくべき行動を班ごとに話し合い、ワークシートに記入しました。時間の関係上各班からの発表は講師からまとめてとなりましたが、多くの意見が出て充実した時間となりました。


最後になりますが、講師の林田暢明氏にはご多忙の中、懇親会までご参加いただきました。懇親会におきましても貴重なお話をたくさんお聞きすることができ、宗像JCメンバーにとって充実した時間となりました。誠にありがとうございました。






宗像青年会議所イイね2000クリックおしてね!

FACEBOOK

宗像三女神記公式ホームページはこちらへ
宗像・沖ノ島世界遺産市民の会公式ホームページはこちらへ