公益社団法人宗像青年会議所

2016年度以前の活動

むなかた三女神記 博多駅PR公演に出演しました。

むなかた三女神記 博多駅PR公演のようす-その1





今月の2日(日)にオーディションを行いました”市民参加型ミュージカル「むなかた三女神記」”の最初のPR公演を博多駅の駅前広場で行いました。





本日は博多駅の九州新幹線開業10周年、全線開業3周年記念祭ということで、駅前広場で九州各地からさまざまな団体が集まってそれぞれの活動のPRを行いました。



沖ノ島と関連遺産群の世界遺産登録推進と9月13日(土)に開催予定のミュージカル本番公演をPRさせていただくために、私たち「むなかた三女神記」も参加いたしました。





むなかた三女神記 博多駅PR公演のようす-その2

むなかた三女神記 博多駅PR公演のようす-その2






オーディションからまだ2週間たらずですが、週/半分以上の特訓を積んで本日に臨みました。



本日は約15分のPRタイムということで、ミュージカルの主題歌である「神話」「ロマン」の2曲を披露させていただきました。



その後、



横山誠理事長より世界遺産登録推進運動の紹介と9月13日(土)に開催予定の本番公演の告知をさせていただきました。





横山誠理事長とミュージカル出演者によるPRタイムのようす





子供たちはこれから9月13日(土)の本番公演に向けて400時間を越える稽古に臨みます。



今年で6年目を迎える市民参加型ミュージカル「むなかた三女神記」にこうご期待ください!!





出演者のみんなで記念撮影

さつき松原再生プロジェクト みんなで松を植えよう!

3月2日(日)に公益社団法人宗像青年会議所メンバーで「さつき松原再生プロジェクト みんなで松を植えよう!」に参加させて頂きました。

 

近年、松枯れがひどく、さつき松原内の松が減っていっています。

強い潮風や砂が飛ぶことを防ぐためには、松が最適だといわれています。また、昭和62年には、㈳日本の松の緑を守る会による日本の白砂青松100選に選定されました。そのためには、松の植樹活動はとても重要なものになってきます。
DSCN2122.jpg

3月公開例会”「宗像・沖ノ島と関連遺産群」を学ぼう”

3月2日(日)に海の道むなかた館において、3月公開例会”「宗像・沖ノ島と関連遺産群」を学ぼう”を開催しました。
また、本年度で6年目となる市民参加型ミュージカル「むなかた三女神記」のオーディションも平行して行われました。

2014030204.jpg

この「むなかた三女神記」は、世界遺産登録推進を目的とした市民団体「宗像・沖ノ島世界遺産市民の会」が行う事業の一環として開催しており、その企画・運営を宗像青年会議所が行っています。
子供から大人まで幅広い年齢層が参加しており、オーディションでは皆一生懸命に歌・ダンス・演技をしました。真剣な雰囲気、その中で起こる笑いなど、参加者は楽しんでいるようでした。

DSC_0977.JPG

DSC_1074.JPG

2014030201.jpg

また、宗像大社禰宜の葦津様よりご講演をいただきました。
宗像大社は全国約6200の神社の総本社であることや、
宗像大社はまたの名を「道主貴(みちぬしのむち)」といい、最も高貴な神に贈られる尊称「貴(むち)」をもつこと、またこの称号は日本に3社にしか贈られていないことなど、様々なことを教えて頂きました。

DSC_1189.JPG

その他にも宗像の歴史や沖ノ島についてご説明を頂き、ミュージカル参加者と共に宗像大社で見学、本番公演成功祈願をして頂きました。

DSC_1251.JPG

DSC_1232.JPG

DSC_1281.JPG

吉田弦矢君が入会しました。

DSC_0947.JPG

宗像青年会議所イイね2000クリックおしてね!

FACEBOOK

宗像三女神記公式ホームページはこちらへ
宗像・沖ノ島世界遺産市民の会公式ホームページはこちらへ