公益社団法人宗像青年会議所

会員ログイン

サマーコンファレンス

サマーコンファレンス横浜2018に参加しました。

サマーコンファレンス横浜2018に参加しました。
まず、7月20日(金)に公益社団法人日本青年会議所九州地区協議会2018年度第2回会員会議所が、横浜の地で開催されました。その中で、2019年度九州地区担当常任理事候補者として、中島土君(大分JC)が承認されました。


続いて、7月21日(土)に、パシフィコ横浜 国立大ホールにて開催されたサマーコンファレンス2018「地方創生フォーラム」に参加しました。今年のサマーコンファレンス横浜は「日本創生への奇跡」と題して、全国の会員が、自らの営みを成長させ、人財を育成し、まちから国、そして世界を良くする行動を起こすことができる人財となるために、地方創生に関する知識や仕組みを学び、体験し、つながりを広げる機会を提供する場として開催されました。

「地域創生フォーラム」では、筑波大学 学長補佐 落合陽一氏と日本青年会議所 鎌田副会頭の対談が行われました。世界でも例のない人口減少、少子高齢化社会を迎えている日本において現状と将来像を見据え、日本青年会議所の政策を示すと共に、落合氏からはテクノロジーの観点から日本の将来像を語っていただきました。
JCへの期待することとして、新しい技術やテクノロジーをまずは、受け入れて導入してみて欲しい。また、確信的な考えを持つ若手を伸ばして欲しいとの言葉をいただきました。


また、懇親会では、横浜JCシニアの齋藤真史先輩と一緒に行い貴重な話を聞くことができました。宗像JCにとって非常に学びの多い2日間となりました。

西日本豪雨災害募金活動

西日本豪雨災害により,甚大な被害を受けられた皆さまに対して、心よりお見舞い申し上げます。
7月17日の夕方、福間駅・東郷駅・赤間駅にて、西日本豪雨災害支援の募金活動を行いました。


各駅をご利用されている皆様におかれましては、募金活動にご協力くださり誠にありがとうございました。3駅の募金合計は 103,076円でした。被災地の支援活動及び支援物資の資金として宗像青年会議所が責任をもって適正に使わせていただきます。皆様のご協力に感謝申し上げます。

2018年度7月例会

7月9日(月)に公益社団法人宗像青年会議所2018年度7月会員交流例会~チームワークで勝利をひきつけよう~をゆうゆうプラザ体育館にて開催しました。


今年は会員同士の交流を深めるための例会ということで、、メンバーをくじで4チームに分けてポートボールを行いました。ポートボールは基本的なルールはバスケットボールと同じですが、リングに入れる代わりに人がキャッチすれば得点となります。日頃は運動不足のメンバーが多いですが、白熱した試合が繰り広げられ、大いに盛り上がりました。


また、当日は理事長、監事選出委員選挙も行われました。伊規須理事長を委員長として、選出された6名によって次年度の理事長、監事を選出し、次年度への動きがスタートします。


最後に嬉しいご報告として、福田 剛君が正入会されました。さらに正野 好美氏、柳田 公貴氏、石松 健太郎氏が仮入会されました。3ヵ月の仮入会期間を通して宗像JCの活動に参加していただき、ぜひ正会員になっていただきたいと思います。

むなかた三女神記スタートアップ練習会を開催いたしました。

7月1日(日)に、メイトム宗像 健診室におきまして、むなかた三女神記スタートアップ練習会を開催いたしました。


「むなかた三女神記」は2009年の初演以来、毎年好評をいただき今年で10回目の公演を12月9日(日)に開催予定となっています。
今年のスタートアップ練習会には30名を越える参加者にお越しいただき、誠にありがとうございました。出演者の皆様には、このミュージカルを通して「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の魅力に触れ、その素晴らしさを感じていただくと共に、この活動を通じて、地域の世界遺産保全の機運を高めるために活躍していただきたいと考えております。宗像地域の大切な伝統・文化を後世に引き継いでいくために、多くの市民の皆様のご参加をお待ちしております。


まだまだ参加者も募集していますので、興味のある方は宗像青年会議所事務局までご問い合わせ下さい。

宗像青年会議所イイね2000クリックおしてね!

FACEBOOK

宗像三女神記公式ホームページはこちらへ
宗像・沖ノ島世界遺産市民の会公式ホームページはこちらへ