公益社団法人宗像青年会議所

会員ログイン

11月例会

2018年度11月例会

11月7日(水)に宗像大社 清明殿にて11月認承証伝達記念例会~伝統を継承し、未来に繋ぐ~および「第15期宗像少年会議所閉校式」を行いました。今年の11月例会では例年11月に行っている認承証伝達記念例会に加えて、宗像少年会議所の閉校式も併せて行いました。


閉校式の部では、今年の開校式からサニックスブルースとの交流などの活動をPVで紹介しました。また、事業ごとに担当した少年メンバーが感想を発表し、最後に大島で撮影したPVを流しました。最後に少年メンバー、伊規須理事長、青少年育成委員会のメンバーで記念撮影を行い、第15期宗像少年会議所のすべての活動が終了しました。


認承証伝達記念例会の部では日本JCに認承を受けるまでの10年間の活動を当時の写真を交えて紹介しました。それに加え、今年は承認を受けてからこれまでに行ってきた代表的な事業を振り返りました。紹介した事業は釣川流域整備ボランティア事業、宗像大社菊花展奉仕作業、昌原JCとの交流事業などを取り上げました。また、来年が宗像JCの45周年ということで、40周年の事業を担当したメンバーに協力をいただき、当時の体験を話していただく映像を流すことで、来年の周年またその先にある50周年以降に向けて想いをつなげていく事業となりました。


最後になりますが、当日ご参加いただきました、OBの皆様、少年会議所メンバーとそのご家族の皆様、誠にありがとうございました。

広報誌「四塚」の巻頭を飾る対談の収録

11月2日(金)に伊規須理事長をはじめ、メンバー5人で東京の出光興産株式会社に公益社団法人宗像青年会議所2018年度 5月公開例会~出光佐三店主に学ぶ ふるさとの愛し方~にご協力をいただいたお礼に加え、宗像JCが発行している広報誌「四塚」の巻頭を飾る対談の収録に伺いました。


平日午後のお忙しい中お時間を取っていただき、こちらが準備した質問に対して丁寧に答えていただき、約1時間半の充実した対談となりました。出光佐三店主の話はもちろんのこと、宗像大社や沖ノ島と出光佐三店主との関わりについても聞くことができ、大変有意義な対談となりました。


その後の懇親会におきましても、宗像により多くの観光客が来ていただける案や、関門トンネルに関する秘話など大変貴重な話を聞くことができ、大変有意義な時間となりました。出光興産株式会社 人事部 店主室の皆様、誠にありがとうございました。

宗像青年会議所イイね2000クリックおしてね!

FACEBOOK

宗像三女神記公式ホームページはこちらへ
宗像・沖ノ島世界遺産市民の会公式ホームページはこちらへ